スキンケア研究所

肌悩み

ご存知ですか?毛穴の黒ずみが消えない理由

021-1

いちご鼻などを筆頭に、汗をかく季節になると余計に気になる毛穴の黒ずみ。毛穴を消す事はできませんが、毛穴を引き締め、ツルツルとした手触りのお肌を手に入れることはできるのです!そこで今回は、毛穴の黒ずみの原因と種類、美肌になるための生活習慣をご紹介します。

1:ご存知ですか?毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみには、様々な種類と原因があります。

<皮脂の酸化>
私たちのお肌は、水分・天然保湿因子(NMF)・脂質がそれぞれ存在し、これら全てのバランスが保たれた時に健やかなお肌をつくりだせています。
その中でも脂質は、お肌をすべすべと滑らかにするために自らつくり出していますが、その特性上、長時間経つと酸化してしまい、酸化した皮脂の色は黒く変化してしまうのです。一日の終わりには、ファンデーションの汚れなどを素早くとってあげることが必要です。

<角栓のつまり>
私たちのお肌は、前述の水分・天然保湿因子(NMF)・脂質をバランスよく保つために日々生まれ変わっています。これをターンオーバーと言い、生まれ変わりの過程でいらなくなった角質は自然に剥がれ落ちます。ですが、加齢や間違ったお手入れ、紫外線やストレスなどによってターンオーバーが乱れると、いらない角質は肌の上でたまってしまう一方。すると、角質が毛穴にたまって角栓となって詰まってしまいます。

<水分・油分不足>
文字どおり、本来肌の中にある水分や油分が失われるといわゆる乾燥肌になります。皮膚には外敵から自分を守り、体内からの水分喪失を防ぐバリア機能がありますが、乾燥やターンオーバーの乱れによって弱まってしまうことで、お肌はだんだんとしぼんできて老化が早まる一方に。十分な補水・保湿を心がけましょう。

<肌のたるみ>
加齢とともに肌のハリを保ち、弾力を維持するのに重要なコラーゲンやエラスチンが減少するため、肌がたるんできます。肌がたるむことで、毛穴の形状が長くなり、毛穴が目立ちやすくなります。

2:こんなお手入れは絶対NG!

毛穴の黒ずみをケアしたいからと言って、間違ったお手入れは悪化の原因です。
間違った毛穴ケアをご紹介すると

●指で汚れを押し出す
●洗顔時にこする
●ブラシなどでゴシゴシと強く洗う

お肌はとてもデリケートです。指や手で摩擦や刺激を与えるとお肌が傷ついてしまいます。黒ずみを解消するどころかかえって黒ずみを作る原因にもなりえます。

3:目指せ毛穴レス肌!なめらかな肌になる生活習慣

毛穴レスな美肌になるには、以下のような習慣を身につけましょう!

<クレンジング>
メイク汚れを専用のクレンジング剤でしっかりと落としましょう。メイク用品のほとんどは油性なので、洗顔料では落としきることができません。素肌を清潔に保つためには、メイクアップを肌に残さないようにします。皮脂や汚れなどがたまり、肌に負担をかけてしまいます。

<ピーリング洗顔>
皮脂の酸化や角栓のつまりを解消して、すべすべのお肌を手にいれるためには、毎日のスキンケアにピーリング洗顔を取り入れ、余分な角質を落とすことが有効です。
毛穴はみるみる引き締まり、スベスベのお肌を手に入れることができるでしょう。

<十分な保湿>
丁寧な洗顔の後には、水分・油分をしっかり角質層に届けてあげることでお肌もリフレッシュします。毛穴にとって天敵である乾燥からお肌を守り、うるおいに満ちたハリのあるお肌にすることで、毛穴は目立たなくすることが可能です。

<バランスのとれた睡眠と食事>
お肌は体の中の鏡と言われるほど、睡眠や食事と密接な関係にあります。
まず睡眠については、夜の10時〜午前2時は肌の新陳代謝を高めるゴールデンタイムです。睡眠時間はこの時間帯を含む約8時間が理想とされています。

次に食事について。お肌は血液から送られてくる栄養を元にしています。
無理なダイエットや偏食でビタミンやミネラル不足になると、肌に必要な栄養素がなくなり老化を早めてしまいます。お肌が喜ぶ生活習慣を心がけましょう。

※2017年10月17日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。