ドクター’s Voice

サンソリット製品を取り入れられているドクターの方々の声をお届けいたします。

PROFILE

doctor_img

グリーンウッドスキンクリニック立川

青木 律 院長先生

当院は、30代半ば以降の方、アンチエイジングのご相談、特に「シミ」「しわ」「たるみ」の悩みを持つ方の来院が多いと思います。近年は、劇的にキレイになりたいというご希望よりも、アンチエイジングの悩みを元に戻しつつ、現状のお肌の状態を5年、10年後もキープするということを希望される患者様が多くいらっしゃっていると思います。

MORE

PROFILE

%e9%99%a2%e9%95%b7%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95

宇都宮スキンケアクリニック

湯浅 有礼 院長先生

そもそも形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、あるいは欠損などに対してアプローチする外科系の専門領域です。美容外科とは形成外科診療の一部で、スペシャリティとなります。究めるためには、主には大学病院に所属して臨床研究を続けながら診療にあたります。形成外科は初期の臨床研修を終了したのち認定施設において専門研修を修め、資格試験に合格すると認定される専門医なのです。形成外科で、あらゆる手法や特殊な技術・知識を習得した医師が、さらに美容目的に特化した技術・知識を習得していきます。

MORE

PROFILE

vol13_photo

あきこ皮膚科クリニック

石井 明子 院長先生

地域柄、ご来院される患者様は小さなお子さんからお年を召した方までとても幅広く、地域に密着したクリニックです。当院では皮膚科全般を診療しています。名は体を表すではないですが、クリニックの名前にもあるように”明るいクリニック”にしたいと思い、クリニックのカラーもオレンジを基調として明るい雰囲気にしています。 いつも心がけているのは、皮膚の一つの器官を診察するということだけでなく、患者様の生活習慣、環境、精神的、もしくは内面的なことも症状に関係していることが多々あるので、そういった要因も含めて全般的に診察させていただくことです。それには限られた診察時間の中で、しっかり患者様の声を聞く、患者様が望んでいることをきちんと汲み取る、それらを心がけて日々診察するようにしています。 最近では小さなお子さんを抱えているお母様方から肌 の悩みの相談を受けることが多いですね。また、年を重ねることで起こる肌の変化にも対応して診察させていただいています。

MORE

PROFILE

vol12_photo

みやた形成外科・皮ふクリニック

宮田 成章 院長先生

美容医療機器・注入剤による治療からスキンケア・手術まで幅広く手がけております。私自身は形成外科専門医ですが、美容皮膚科がまだ認知されていなかった時期よりスキンケアの施術を始め、常に最新の機器を導入、検証を行うことを心がけてきました。 また大学病院のような基礎研究はできなくとも、臨床的な研究として機器の評価や開発、改良にも関与してきました。国内有数の美容機器を所有しており、ある意味、マニアックなクリニックではあるだろうと思います。

MORE

PROFILE

vol7_photo

カメイクリニック高岡

亀井 康二 院長先生

脱毛、美顔(シミ、ニキビ、しわ、たるみ)、それから美容外科手術(二重まぶた、隆鼻術、わきが、多汗症、赤ら顔)などに対して、効果のある施術を提供していきたいと思っています。 美容外科は手術だけだと思われるかもしれません。従来の考え方では、美容外科=美容外科手術でしたので。しかし、実際に女性の皆さまが望まれているのは、”誰にもわからないように、ゆっくりでもよいから目立たないように、きれいにしたい”ということなのです。また、気になるところはいくつもあるものです。 そういったご要望に応えるためにはどうしたらいいか。それには、現在ある技術をいくつも組み合わせて、総合的に美容医療を提供していく。私が長年培ってきた「総合的医療」と患者さんのニーズとが組み合わさったんですね。 ちなみに当院で人気のある施術は、ケミカルピーリング、ルビーレーザー、フォトフェイシャル、ボトックス、ヒアルロン酸、それから高周波温熱治療ですね。

MORE

PROFILE

医療法人社団 蘇春堂形成外科 新冨 芳尚 理事長先生

医療法人社団 蘇春堂形成外科

新冨 芳尚 理事長先生

医療法人社団 蘇春堂形成外科 野平 久仁彦 院長先生

野平 久仁彦 院長先生

開院以来、多くの肌疾患の患者さんを診てきましたが、アトピーであろうと、ニキビであろうと、肌トラブル対応の基本は洗顔です。顔というのは、実は肌の中で一番丈夫な場所なんです。零下50度でも耐えられる人間の皮膚は、顔くらいです。あまり過保護にせず、しっかり汚れを落とすこと。特にスポーツをやっている中高生は、手でなくタオルに石鹸をつけてきちんと洗うことが重要です。 健康な女性の肌は、タオルでなくガーゼで洗うとちょうど良い洗い方になるでしょう。是非、「汚れを落とすこと」の重要性を知っていただきたいと思います。また、ニキビは多毛が原因となっているケースもありますから、脱毛することで解消したりする場合もあるんです。

MORE

PROFILE

医療法人以和貴会 西崎病院 近藤 和代 先生

医療法人以和貴会 西崎病院 

近藤 和代 先生

医療法人以和貴会 西崎病院 名嘉 圭代 先生

名嘉 圭代 先生

皮膚科以外にも、内科やリハビリテーション科などの診療科目を扱う西崎病院が美容に取り組むようになったのは、平成15年からです。沖縄のこのエリア(糸満市)には無かった、美容やリラクゼーションを中心とする施設があっても良いのではと思ったのがきっかけです。 当院が特に大切にしていることは、患者様一人ひとりに最善を尽くすことです。 例えば、色が白くなったけれど輝きがないのは何故か・・・など、トータル的な美しさを重要視しています。そのためには、内科的・婦人科的・精神的な面など、体の内側からの診察もしていかなければならないので、日々の勉強は怠れません。手探りで良いものを取り入れているうちに、オーダーメイドのメニューをお勧めできるような体制になってきました。 また、全ての患者様に対して適切な対応ができるように、医師とスタッフ間の情報共有も大切にしています。信頼できるスタッフが患者様に対応し、それを医師にフィードバックしています。患者様にリピートしていただいているのも、適切な対応、トラブルへのフォロー体制や、院内のアットホームな雰囲気によるものだと思っています。

MORE

PROFILE

vol4_photo

医療法人大美会 大西皮フ科形成外科医院

大西 勝 院長先生

当院では、従来の皮膚科の「病気を治す」ことから「肌をより健康に美しくする」ことを目指して、平成9年より皮膚科、美容皮膚科、形成外科、美容外科を専門として取り組んでいます。お肌のホームドクターを目指して最新の設備と最高の技術を用いて診療を行っており、クリニックでの治療からホームケアまでトータルで提案できる体制を整えています。 特に多い肌悩みは順番に①にきび・にきび跡・毛穴の開き ②しみ・くすみ ③しわ・たるみですが、当初からサンソリットのダブルピーリングをクリニックのメニューに取り入れ、ホームケアも含め当院では患者様の症状を解決するために最適なものを吟味して使用しています。 患者様の望む結果とライフスタイルや費用などを充分ご説明させていただいた上で、保険診療範囲内の治療と自費治療のものを紹介し選択していただいています。

MORE

PROFILE

vol3_photo

うるおい皮ふ科クリニック

豊田 雅彦 院長先生

うるおい皮ふ科クリニックでの診療科目は、皮膚科、アレルギー科、そして美容外科です。2005年7月に開院して、この夏で丸2年となります。 基本は皮膚の専門家なので、肌悩みに関して当院で治らなければ、他の病院に行っても治らないというくらいに自負しています。どのような患者さんでも、必ず責任を持って診るという信念で続けています。 「ニキビ」の診療でしたら、まずニキビの状態、次に肌の状態を見て、症状に合わせた治療をしています。塗り薬だけの時もあれば、飲み薬や漢方薬の場合もあります。ただ、それだけでは治らないケースが結構多いので、ケミカルピーリングをおすすめしています。 「シミ」や「しわ」に関しては、現在一般診療で治療を行えるものはかなり限られています ので、ほとんど美容施術によるアプローチが多いです。イオン導入でのビタミンCの導入が特におすすめです。

MORE