スキンケア研究所

肌悩み

肌の老化が「見た目年齢」を決める!?
若さを保つ方法とは

037-1

若い頃とはなんだかお肌が違う…漠然と疑問に思っていませんか?実は年齢を重ねると、お肌はだんだんとハリを失い、ツヤもなくシミやしわが目立ってきます。これが年齢に伴う「肌の老化」です。ですが、肌老化はしっかり正しいお手入れをすることで遅らせることができます。今回は、老化の症状とお手入れ方法をご紹介します。

1:肌の老化ってどんなこと?

代表的な肌老化の症状には、シミ・しわ・たるみ・くすみがあります。
症状の出方や時期は個人差があるものの、25歳を過ぎたあたりからポツポツと出始めます。同じ年齢なのに、なぜか若く見える人っていますよね。そういう方ほど、お肌がキレイではありませんか?お肌は、第一印象での見た目年齢を判断する一番大きな要素になっています。

2:必ず取り入れたい!肌の老化を防ぐお手入れ

肌老化の原因のほとんどは紫外線から来るものです。紫外線により細胞がダメージを受けると老化を促す原因となってしまうからです。また、紫外線を大量に浴びることで、活性酸素が過剰に発生してしまうことで、細胞が傷つけられ、あらゆる肌の老化現象につながる原因になってしまいます。
例えば、メラニンの生成を促進させ、シミや色素沈着になったり、水分を失い肌の弾力が衰えることからたるみが出てきたりしてしまいます。
ですので、日頃から紫外線はしっかりと予防し、UVケアを徹底的に行わなくてはなりません。
外出するときは必ず日焼け止めかUVカット効果のある化粧下地やファンデーションを塗りましょう。帽子や日傘なども有効です。

3:ターンオーバー乱れを整える!

例えば同じように紫外線を浴びていても、肌老化が見られる方とそうでない方がいます。原因は様々なことが考えられますが、この違いの1つに、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常か、そうでないかの違いが考えられます。例えば赤ちゃんのようなお肌は、このターンオーバーのサイクルが正常なため、ダメージを受けてもすぐに修復できる場合が多いのです。
シミやしわ、たるみなど、肌老化のケアの基本は、まず、ターンオーバーの乱れを整えてあげることから始めるとよいでしょう。そこでおすすめなのが、ピーリング洗顔での角質ケアです。ピーリング洗顔をしてターンオーバーを整えながら、肌を軌道修正することで、健やかなお肌の状態を保つことができます。

※2016年6月28日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。