スキンケア研究所

肌悩み

目指せ、透明肌美人!角質ケアで本当の素肌美人になる

018-1

くすみのない、透き通るような透明感のある素肌美人は憧れますよね。ご自分のお肌はいかがですか?もし少しでもくすんでいるなと思ったら、角質が原因かも…。今回の記事では、くすみの原因となる角質を詳しくご紹介します。

1:そもそも角質ってなあに?

角質とは、お肌の一番外側にある本来剥がれ落ちるべき皮膚のアカです。
私たちのお肌は、新陳代謝によって通常28日周期で生まれ変わっています。その生まれ変わりをターンオーバーと言い、ターンオーバーが正常に行われていることが健やかな肌を保つ事に繋がります。
ターンオーバーによって徐々に上に押し上げられた細胞は、古い角質となって剥がれ落ちます。

2:ゴワゴワ角質がたまるとどうなるの?

古い角質がたまると皮膚は厚く硬くなります。これを角質肥厚と呼びます。例えば、力仕事で摩擦が何度も加わるとマメができます。紫外線を浴び続けると皮膚が厚くなります。こういった場合、触るとゴワゴワしていませんか?
私たちのお肌は本来、自らの力で守ろうとする力が備わっているため、外的刺激を感じた場合、このように角質がたまって厚くなるのです。
すると、その部分は透明感を失い、くすみやシミなどのくすんだ感じに変化してしまいます。

角質がたまる原因

では、どのようにして角質はたまってしまうのでしょうか。
主な原因3つを紹介します。

1.汚れがきちんと落とせていない 
前述の通り、本来剥がれ落ちるべき角質が落とせていないと、角質はたまる一方です。メイクやファンデーションの余分な汚れやチリやほこりなどの汚れをしっかりとクレンジングで取り去り、さらにピーリング洗顔を取り入れてケアをするとよいでしょう。

2.こする、圧迫するなど外部刺激が加わっている
私たちのお肌はとてもデリケートです。ゴシゴシこすったり、圧迫したり、ニキビをつぶしたりするなどの刺激をくわえると、角質は硬くなってしまいます。
角質のケアをしようと、ゴシゴシ強く洗顔すると逆に悪化させてしまう原因になります。お肌には優しく触れるよう意識しましょう。

3.紫外線を浴び続ける
紫外線は皮膚にとって有害な物質です。紫外線を浴びるとシミやくすみ、しわ、ごわつきの原因となるメラニン色素が増加します。さらに紫外線によってターンオーバーが乱れ、角質はどんどん厚くなってしまいます。日頃から日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

くすみのない透明感のある素肌を手に入れるためには、角質ケアを徹底しましょう。サンソリットでは、スキンピールバーによる毎日のピーリング洗顔をおすすめしています。

※2016年6月16日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。