スキンケア研究所

肌悩み

目指すは透明感ある輝く肌!シミの3大原因とは?

017-1

滑らかできめ細やかなくすみのない肌は、誰もが憧れるお肌ではないでしょうか。
お肌のくすみやシミは多くの方が抱える肌悩みのひとつです。今回の記事では、くすみのない透明感ある肌を手に入れるにはどうしたらよいのかをご紹介します。

1:紫外線とお肌の関係

紫外線は私たちのお肌を健やかに保つことにおいて有害な物質です。

紫外線がもたらす影響は数知れず。シミはもちろん、色素沈着やくすみ、しわ、たるみなどの原因になり、紫外線ダメージが蓄積されるとやがて皮膚ガンにまで発達する可能性もあるのです。

では、なぜ紫外線はお肌に悪影響を及ぼすのでしょうか。

お肌は紫外線を浴びると、メラニンが過剰に生成されます。通常、お肌の生まれ変わる機能であるターンオーバーによって日々排出されますが、なんらかの原因でターンオーバーが乱れていると、メラニンが蓄積されてしまい、シミとして皮膚の中に溜まってしまいます。すると、シミや色素沈着としてお肌にあらわれてしまうのです。

2:肌の老化を早める!? 活性酸素とは

透明感ある美しいお肌を保つために避けては通れないもう一つのキーワード、それは活性酸素です。活性酸素とは、「酸化させる力がある」酸素のことで、実はこの活性酸素、体内に入り込んだ細菌などから体を守ってくれる機能があり、もともと私たちの体の中にあるものなのです。

ですが、この活性酸素が過剰に発生してしまうと‘酸化させる力’が強力になりすぎてしまい、正常な細胞にまでダメージを与えてしまいます。

活性酸素を強力にしてしまう要因としては

●紫外線を浴びる

●喫煙

●不規則な生活(乱れた食生活や睡眠不足など)

●激しい運動

●ストレス

などのようなことが挙げられます。

紫外線を大量に浴びたお肌は活性酸素を発生させることで、メラニンの生成を強めます。するとシミとなってお肌にあらわれてしまうのです。

3:ニキビなどの皮膚ダメージもシミの原因に

紫外線や活性酸素以外にも、何らかの原因で炎症を起こした部分が色素沈着を起こしてしまうとシミの原因となります。

例えば、化粧品や家庭用美顔器などが肌に合わず炎症を起こしてしまっている場合や、ニキビをつぶして悪化させてしまった場合、他にも、こする、カミソリで剃る、怪我をする、虫に刺されるなどという外的要因なども炎症を起こす原因になります。お肌には極力刺激を与えないことが大切です。

均一なトーンの美しい素肌を保つためには、まず日頃から日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を心がけましょう。と同時に、ターンオーバーの乱れを改善し、たまった古い角質を排出させることがシミ対策にはとても大切です。

そこでサンソリットが提案するのはハイドロキノン配合のピーリング洗顔です。紫外線がますます多くなる季節、紫外線を浴びたお肌から少しでも早くメラニンを排出させてあげるケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

※2016年6月16日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。