スキンケア研究所

肌悩み

「毛穴の黒ずみ」の悩みにピーリングをおすすめする理由

006-2

「毛穴の黒ずみ」は、サンソリットに寄せられる悩みの中でも特に多いものです。年齢を重ねれば多少の悩みは仕方がない、とあきらめることはありません。原因によっては、ピーリングで対策できることも多くあります。そこで、それぞれのお悩みの原因と対策をご紹介します。

もうイチゴ鼻と呼ばせない!ピーリングで毛穴の黒ずみ対策

毛穴の黒ずみに悩んでいる方も多いでしょう。鼻など、皮脂の分泌が多い場所にできた場合、洗いすぎてしまいお肌が乾燥してさらに黒ずみがひどくなる、ということもあります。対策をしっかりと取り、黒ずみのないお肌を目指しましょう。

●毛穴の黒ずみができる原因
鼻や頬、あごなどにできる毛穴の黒ずみの主な原因は、開いた毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが混ざったものが詰まり、酸化して黒くなるためです。この詰まったものが、角栓と呼ばれるものです。また、毛穴が開くだけでも黒くみえることもありますし、毛穴自体にシミができている場合もあります。

●ピーリングでできる毛穴の黒ずみ対策
毛穴に角栓が詰まっている場合、その角栓を取り除く必要があります。角栓は古い角質などでできているため、ピーリング石鹸で洗顔することで、徐々に取り除くことができます。余分な角質が除去されることで、ターンオーバーが促進されるため、古い角質がはがれやすくなり、毛穴に詰まるのを防ぐことにもなります。また、肌に余分な皮脂や汗、ほこりなどの汚れが残っていることも、黒ずみの原因となるため、ピーリング石鹸で正しく洗顔し、常に肌を清潔に保つようにしましょう。

 

SPB_hydro

黒ずんでしまった毛穴が、なかなかきれいにならないからといって、汚れた毛穴を取り除こうとパックをしたり、無理やり角栓を押し出そうとすると、お肌は刺激から守るために、毛穴周辺の角質が厚くなり、さらに角栓が出来やすい状態になってしまいます。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーは、おおよそ28日間の周期で行われています。ピーリング石鹸で古い角質を優しく取り除き、肌本来が持つターンオーバー機能をサポートすることで、つるつるのなめらかな素肌へと整えていきます。
毛穴が開いて黒く見える場合、肌全体が乾燥していることが多くあります。お肌が乾燥しないよう、洗顔後、化粧水で水分を補給し、乳液やクリームなどでしっかり保湿するようにしましょう。 

 

 

いかがでしたか?

素肌に自信が持てるようになりたい方は、ぜひピーリング石鹸をご活用ください。皮膚の専門家と共同で「スキンピールバー」を開発したサンソリットでは、スキンケアについての質問やご相談を承っております。「私の悩みにはどの石鹸を選べばいいの?」「ピーリングでどんなふうにお肌が変わるの?」といった質問にもお答えしておりますので、以下からぜひお気軽にお問い合わせください。