スキンケア研究所

石鹸・洗顔方法

ご存知ですか?間違った洗顔方法による肌トラブル

033-1

自分では正しい洗顔をしていると思っていても、意外と肌に負担をかけているかもしれません。洗顔方法の間違いは、肌トラブルに繋がってしまいます。
そこで今回は、間違った洗顔方法と起こりうるトラブルをご紹介します。

1:間違った洗顔方法とは?

1.ゴシゴシとこする
洗顔は、主に手で行うことが多いため無意識にゴシゴシとしてしまうことが多くなりがちです。でもお肌はとてもデリケート。強い刺激を与えると、汚れを落とすどころかかえって肌にダメージを与えてしまいます。

2.熱いお湯で洗い流す
熱いお湯ですすぐと、肌に必要な油分まで洗い流してしまう可能性があります。また、洗い流し足りないと洗顔料が肌に残ってトラブルを起こしかねません。シャワーの強い刺激をお肌に直接あてることもNGです。

3.タオルでこする
水気をとるために、タオルでゴシゴシと肌に密着させてこするのも強い刺激を与えてしまいます。

他にも、必要以上に洗顔の回数を増やしたり、洗顔後の補水と保湿が足りないことも間違った洗顔と言えます。

2:間違った洗顔でおきる肌トラブルとは?

本来洗顔は、自ら肌をきれいにする力をサポートし、お肌を健やかに導く基本の行為です。上記で述べた間違った洗顔方法で外部刺激が重なると、バリア機能の低下、老化、乾燥肌、ニキビの悪化、肌荒れを招くことがあります。角質は固くなり、角化異常となると毛穴の黒ずみの原因にも。くすみやしわ、たるみに進行していく場合もあります。

3:教えて!理想的な洗顔方法とは?

<STEP1>
洗顔する前に必ずクレンジング剤でメイクを落としておきましょう。
<STEP2>
泡立てネットを使用して、ピーリング石鹸をしっかり泡立てます。
<STEP3>
メレンゲ状の泡を転がすように優しく顔全体になじませます。

awapack【泡パックで週に1~2回スペシャルケア】
ピーリング石鹸で作った泡でパックをすることで、よりピーリング効果を高めることができます。目や口の周りなど皮膚の薄い部分を避けるように泡を顔の上においたまま2~3分放置しましょう。刺激を感じたときは、すぐに使用を中止してください。
※肌には個人差があります。刺激や肌の乾燥が気になる場合は回数や放置時間を調整して行いましょう。

<STEP4>
水またはぬるま湯でしっかりすすぎます。
洗浄成分が残らないよう、髪の生えぎわや小鼻のきわなども丁寧にすすぎましょう。
<STEP5>
清潔なタオルで優しく水分を拭き取ります。
この時、ゴシゴシとこするのではなく、タオルでお肌を軽く押さえるようにするのがポイントです。
<STEP6>
洗顔後は、お肌の乾燥を防ぐため、化粧水でお肌にたっぷり水分を補給し、乳液などでしっかり保湿を行い肌に水分を閉じこめましょう。

美容液やパック、美顔器などのスペシャルケアはこの正しい洗顔があってこそ、成り立ちます。正しい洗顔方法を身につけて誰もが憧れる美しいお肌を目指しましょう!

※2016年6月28日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。