スキンケア研究所

肌悩み

目指すのは毛穴レスのたまご肌! ピーリング洗顔でつるつる美肌へ

007-2

毛穴のブツブツや黒ずみのせいで肌がなんとなくくすんで見えることもあるでしょう。つるんとした滑らかな肌を目指す女性にとって、毛穴の開きは大敵です。ファンデーションなどで無理に隠そうとすると、逆に目立ってしまうこともあるので、毛穴の開きは根本から改善することが必要です。鼻や頬などの毛穴が開いてしまうのには原因があります。そこで、毛穴が開く原因とピーリング石鹸の洗顔での毛穴ケアをご紹介します。

1:過剰な皮脂を抑える!ブツブツ毛穴のためのピーリング石鹸を使った毛穴ケア

皮脂の分泌が多いおでこや鼻などのTゾーンは、毛穴がブツブツしたり、黒ずんだりすることが多くあります。過剰な皮脂の分泌による毛穴の開きには、皮脂の分泌を抑えるケアが必要となります。もともと皮脂は、肌の水分保持をするために必要なものです。ところが、肌が乾燥してしまうと、肌を潤そうとして皮脂が過剰に分泌してしまいます。そのため、まずは肌自体の保湿力を高める必要があります。肌の保湿力を高めるためには、ターンオーバーを常に正常な状態に保つことが大事です。

ピーリング洗顔で余分な角質を除去し、ターンオーバーを整えることできちんと水分を保持する健康的な肌となり、皮脂が出過ぎることがなくなります。それから、皮脂や余分な角質と汚れが混ざった角栓が毛穴に詰まると、より毛穴が目立つようになるので、凹んだ毛穴の汚れがしっかり取れるよう、細かい泡で洗顔することも大事です。

洗顔後は、乾燥を防ぐために化粧水と乳液やクリームなどで、しっかり保湿をしましょう。また、肌の老化に影響するといわれる過酸化脂質の抑制作用を持つビタミンCも有効です。ビタミンCは、そのままでは肌へ吸収されにくいため、浸透力の高いビタミンC誘導体がおすすめです。水溶性ビタミンC誘導体は、主に化粧水や美容液などローションタイプの化粧品に、脂溶性ビタミンCは、主にジェルやクリームタイプの化粧品に配合されています。これらの化粧品をピーリング洗顔と併用するとより効果的です。毛穴の黒ずみをケアして、美しい素肌を目指しましょう。

2:肌老化に負けない!たるみ毛穴のためのピーリング石鹸を使った毛穴ケア

年齢を重ねるとともに、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリを保つ成分が不足するためお肌はどうしてもたるんでしまいます。また、紫外線や睡眠不足、ストレスなどによって増える活性酸素が原因で肌の老化が進み、たるんで毛穴が開いてしまうことがあります。活性酸素とは、もともとウイルスや細菌を退治するため身体にとって必要なものです。ところが、増えすぎると健康な細胞まで酸化して肌がいわゆる錆びた状態になり、ダメージを与えてしまうのです。

そこで、必要以上に活性酸素が増える原因を取り除くことが大事です。紫外線対策をする、たっぷりと睡眠をとる、ストレス解消をするなど、生活自体をしっかりと見直し、そのうえで、肌の状態を整えていくことが必要です。新陳代謝が正しく行われていれば、常に新しい皮膚が生まれてくるため、たるみのない美しい肌を保つことが可能です。ピーリング石鹸で余分な角質を除去し、お肌のターンオーバーを正常に保つよう心がけましょう。

加齢で筋肉が衰えたことによりお肌がたるんで毛穴が開いてしまう場合、表情筋などを鍛えるために顔の筋肉を動かすことも有効でしょう。

いかがでしたか?ピーリング石鹸を使った正しい洗顔でターンオーバーを正常な状態に近づけ、本来の肌の機能を整えることで、毛穴の開きを抑えられることがわかっていただけたでしょうか。いつの間にか開いてしまった毛穴ですから、じっくりとケアして少しずつ改善していくよう、ピーリング石鹸での洗顔とスキンケアを続けてみてください。

皮膚の専門家と共同で「スキンピールバー」を開発したサンソリットでは、ピーリング石鹸についての疑問や不明点についてのご相談を承っております。以下からお気軽にお問い合わせください。

※2016年3月30日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。