スキンケア研究所

石鹸・洗顔方法

お肌のために覚えておきたい!
ピーリング石鹸でのベストな洗顔方法

facewash

肌トラブルの多くは、ターンオーバーの乱れからきています。そこで、肌の余分な角質を除去し、ターンオーバーを正常に保つためにも、サンソリットではピーリング石鹸で洗顔することをおすすめしています。ところが、せっかくピーリング石鹸で洗顔しても、洗顔方法や使用頻度が間違っていると、思ったような実感を得られないこともあります。ピーリング石鹸で洗顔するときの注意点とともに、洗顔方法、洗うタイミングや回数をしっかり覚えて、ピーリング石鹸でキレイなお肌を目指しましょう。

1:洗いすぎていませんか?ピーリング石鹸で洗顔するベストな回数

ピーリング石鹸で洗顔するのは特別なケアだから、週に1,2回がよいと考える方がいらっしゃいます。逆に、ピーリングの効果を早く得たいと考えて、1日に何回もピーリング石鹸を使って洗顔をする方もいらっしゃいます。ピーリング石鹸で洗顔する頻度は、一般の石鹸や洗顔料と同じように、1日2回、朝晩がおすすめです。また、他の洗顔料を使用しているけれど、時にはピーリング石鹸も使いたい、という方は、併用しても問題ありません。ただし、洗顔料とピーリング石鹸でのW洗顔は行わないでください。
汗をかいたり、ニキビや皮脂汚れが気になったりして、1日に何回も顔を洗ったり、二度洗いをする方もいらっしゃいますが、洗顔のしすぎは肌に必要な脂分までとってしまい、お肌が乾燥する原因となります。洗顔は1日2回まで、二度洗いはしないなど、適度な洗顔を心がけましょう。

2:お肌のために知っておきたい!ピーリング石鹸で洗顔するときのご注意

ピーリング石鹸を使用して、ピリピリとした刺激を感じるかもしれません。痛みを感じない程度であれば、お肌が柔らかくなっている証拠なので心配はありません。ただし、洗顔をしていて痛いほど強い刺激を感じたり、赤みが出たりした場合は、すぐに使用を中止してください。また、どの洗顔料も同じですが、お肌をごしごしこすると肌に余計な刺激を与え、肌トラブルの原因となることがあります。お肌を「優しく」洗顔することを心がけましょう。
日焼け直後や傷がある場合などデリケートな肌には、ピーリング石鹸での洗顔は控えましょう。顔のうぶ毛そりや身体のムダ毛処理などお肌に負担をかけたあとも、使用しないでください。
また、妊娠中の方で、ピーリング石鹸で洗顔をしてよいのか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。ピーリング石鹸の成分が、胎児に直接影響を与えることはありません。ただし、不安を感じながら使用を続けると、その不安がストレスとなることもあるかもしれませんので、そのような場合は使用を控えてください。また、妊娠中はホルモンバランスが不安定で通常よりもお肌が敏感になっています。使用していて問題なければ、使い続けていただいても大丈夫ですが、多少でも不安がある場合は、使用を中止してください。

いかがでしたか?

ピーリング石鹸で上手に洗顔することは、肌トラブルを予防したり、きれいな肌を保ったりする近道になります。洗顔する回数や注意点を守り、正しく洗顔することで、よりピーリングの効果を得られるはずです。皮膚の専門家と共同で「スキンピールバー」を開発したサンソリットでは、ピーリング石鹸で洗顔する際の疑問や不明な点についてのご相談も承っております。不安なまま使うのではなく、ぜひ以下からお気軽にお問い合わせください。

※2016年3月3日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。