スキンケア研究所

スキンケア

スキンケア製品の役割とは?

SPB_image

スキンケアと一言で言っても、様々なケア方法がありますよね。また、高価な商品や有名な成分など、世の中には様々な化粧品や美容アイテムが多く出回っています。
ですがついその情報を追うあまり、基本を忘れていませんか?どんなに最新の成分や話題のものを使っても、スキンケアの基本を抜きでは美肌には近づけません。今一度それぞれの基本的な役割を確認してみましょう。

1:スキンケアの役割とは?

スキンケアにおける、それぞれの役割をご紹介します。

【クレンジング】
クレンジングは、ファンデーションや汗などの皮脂、ほこりやその他皮膚の上に付着した汚れを落とすことができます。皮膚表面の汚れ、特に油分は、活性酸素と結びつき酸化して過酸化脂質となり、老化を促進させてしまいます。一日の終わりには、早めにクレンジングをしてあげましょう。

【洗顔】
洗顔は、ごわつきやくすみ、ニキビや毛穴の黒ずみなどの原因となる古い角質を除去することができます。さらに、肌がきれいになろうとする生まれ変わりのターンオーバーの乱れを整えることができます。丁寧な洗顔が行われていないとシミやしわ、たるみに繋がってしまいます。

【化粧水】
化粧水での補水は、肌に必要なうるおいを保つために必要不可欠です。角質層の水分保持機能をサポートし、柔らかいお肌に近づくことができます。その後につける美容液やクリームなどの浸透もサポートします。

【クリーム】
お肌には、水分と油分のバランスがとっても大切です。クリームは油分を補うことができ、化粧水での補水力を高めるためにはクリームで水分を閉じ込めて十分に保湿をしてあげるこが大切です。

2:何事も最初が肝心!洗顔こそ美肌の秘訣

上記で述べたスキンケアステップは、美肌になるためにはどれも欠かせません。どれかひとつでも過剰であったり不足したりすると、肌の機能はそのバランスを崩してしまいます。ですがこの中でも最も大切なのは、「洗顔」です。
洗顔が正しくできていないと、その後の補水と保湿は浸透しないどころか、
肌そのものが美しくなろうとする力まで衰えさせることに繋がります。
洗顔でターンオーバーを整えることができると、その日の汚れを一掃するだけでなく、取り入れているスキンケアの効果を高めることができるのです。

ピーリング石鹸の正しい使い方をはじめ、スキンケアの疑問・質問についてのご相談も承っております。以下からぜひお気軽にお問い合わせください。

※2016年6月28日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。