スキンケア研究所

肌悩み

ニキビ肌の方必見!
洗顔料の選び方のポイント

016-1

ニキビケアにどんな洗顔料を使ったらいいのか分からない…。そんなお悩みはありませんか?ニキビは皮脂が過剰に分泌される、毛穴が詰まる、細菌が繁殖するなど様々な原因でできてしまいます。
今回は、ニキビ肌のための洗顔料選びのポイントと洗い方をご紹介します。

1:ニキビ肌の方必見!洗顔料選びのポイントとは?

現在販売されている洗顔料は固形石鹸やジェルタイプ、クレイ(泥)タイプやスクラブタイプなどがあります。また容器もポンプやチューブタイプなど様々な種類が販売されています。

ニキビ肌へのケアは、基本的にどのタイプでも差はなく、その中にどんな成分が配合されているかが大切です。

ただし、全てに共通していることとしては、

1.1回の使用量を守る

2.十分な泡を立てて洗顔する(泡の立たないタイプの洗顔料もあります)

3.擦るなどの刺激を与えない

4.よくすすぐ

5.洗顔後の補水・保湿を徹底する

以上のことに気をつけてニキビケアをするようにしましょう。

 

ニキビ肌に理想的な成分と条件は

・角質の乱れを改善させる効果のあるもの

・ニキビの栄養となりやすい成分を含まないもの

・炎症を抑える効果のあるもの

・殺菌作用があるもの

・皮膚そのものに安全な原料であり、安全に設計されていること

等です。

その上で、肌に対して刺激の強くないものを選ぶとよいでしょう。

 

ニキビ肌はニキビのない人と比べてバリア機能が低いと言われていますので、洗浄力の強いものを使ったり、洗い過ぎたりすることはよくありません。さらに、ブラシを使った洗顔は、肌にとても刺激が強く、ニキビを悪化させてしまう恐れもあります。

それらはできるだけ避けましょう。

2:たっぷりの泡でやさしく洗うのがコツ!

ニキビ肌のための洗顔は、たっぷりの泡でやさしく洗うのが大切です。

<ニキビ肌のための洗い方>

Step1:清潔な手に洗顔料をとり、水を含ませ泡立てます。泡立てネットを使うと素早く濃密な泡を作ることができます。

Step2:肌の上に泡の膜を作るようにして、ゆっくりと円を描くように滑らせていきます。

Step3:皮脂量の多いおでこや鼻にかけては入念に洗い、頬や特にニキビのある部分は刺激を加えないようにしてやさしく洗いましょう。

3:ニキビ肌におすすめの洗顔料とは

ニキビ肌には、泡立ちのよいものでかつニキビの改善に役立つピーリング効果があるものを選ぶことをおすすめします。

そこで、皮膚の専門家との共同開発によって長年の研究から誕生したサンソリットのスキンピールバーがおすすめです。

その中でもスキンピールバー ティートゥリーは特にニキビ肌用に作られた石鹸です。ティートゥリーオイル配合の泡立ちのよいニキビ肌向けの洗顔料です。

1週間に1〜2回程度のスペシャルケアとして、すすぎの前に2〜3分そのまま泡をのせる泡パックもおすすめ。是非、毎日の洗顔にとりいれてみてください。

適切な洗顔料と洗い方で、ニキビのない健やかなお肌を目指しましょう。

皮膚の専門家と共同で「スキンピールバー」を開発したサンソリットでは、ニキビでお悩みの方からのご質問やご相談を承っております。「どの石鹸を使ったらいいの?」「ピーリング石鹸で洗顔しても大丈夫?」など、心配なことがございましたら、以下からぜひお気軽にお問い合わせください。

※2016年6月16日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。