スキンケア研究所

肌の基礎知識

ご存知ですか?肌の老化の3つの原因

036-1

肌の「老化」と一言で言っても、シミやしわなどを始め、様々な症状があります。症状の出方には個人差がありますが、そもそも老化を食い止めるには、兆候が出る前にまず日頃から予防するのが一番です。そこで今回は、老化現象とその原因、予防策をご紹介します。

1:肌老化とは?

お肌の老化現象とは、シミやそばかす、しわ、たるみ、色素沈着、キメが荒いなど目に見えるようなことから、水分が保持されなくなることでハリやツヤがなくなり、砂漠のような乾燥肌になることなど、肌機能そのものの低下も肌老化の現象です。また、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常な若い頃は通常28日周期であるのに対し、そのサイクルが長くなることなども肌が老化していると言えます。

2:肌老化の症状と原因

【キメが粗くなり、しわが出る】
年齢と共に、必ず出ると言っても過言ではない、しわ。
しわの出現は原因も様々ですが、主に表皮層の機能低下によって発生する小じわと、真皮層の機能低下によって発生する深いしわがあります。
小じわの原因の多くは、ターンオーバーの乱れや乾燥によるキメの乱れが関係しており、これには日頃から十分な角質ケアと保湿を心がけることが大切です。一方深いしわは、急にできるものではなく、紫外線によるダメージの蓄積や過剰な活性酸素の生成などで肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどが減少していくと、徐々に深いしわとなっていくことが考えられます。
また、笑ったり泣いたりする感情的な情緒を表現する表情筋も年齢とともに衰え、しわとなって現れます。

【ハリがなくなりたるみがでる】
目に見えるほどの顔のたるみは、肌の弾力が低下していることが大きく関係しています。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分がありますが、これらは肌の弾力に重要な成分で、肌の機能が正常な状態の時に作り出されます。ですが、紫外線を浴びたり、睡眠不足、栄養不足などの不規則な生活習慣、肌が乾燥した状態などを続けると、肌の弾力を保つ細胞に悪影響を与え、結果的にたるみの症状に繋がってしまうのです。

【シミがでてくる】
シミは、紫外線を浴びることにより過剰に生成されたメラニンにより作られます。シミと言っても、そばかすのようなものや色素沈着のようなものなど様々な色や種類がありますが、通常、私たちの肌は日々生まれ変わることにより、シミの原因となるメラニンを角質とともに外に排出しています。
ですが、その生まれ変わりの新陳代謝であるターンオーバーは年齢を重ねると機能が衰えてきてしまいます。すると、メラニンの排出ができず、目に見えるシミとなって表れてしまうのです。

3:全ての肌老化には、日ごろからのケアが大切!

肌の老化は、誰でも起こります。年齢を追うごとに身体の機能が衰えていくのと同時に、肌も同じように衰えます。ですが、生活習慣やスキンケアを正しく行うことで、老化の始まりや見た目年齢を遅らせることもできるのです。
いつまでも美しく、肌の老化を感じさせない肌づくりは、日ごろのお手入れで予防していくのが一番です。それには、まず、毎日正しくしっかり洗顔することが重要です。肌の汚れを落とし、古い角質を優しく除去して、肌本来の機能を取り戻してあげましょう。

※2016年6月28日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。