スキンケア研究所

肌悩み

シミを作らないために!
知っておきたいシミのメカニズムと対策

046-1

血色がよく、透明感があり、くすみ感のない肌は、健康で魅力的な美しい肌状態ですよね。そこで気になるのがシミ対策です。ふと鏡を見た時に顔がくすんでいたり、目立つシミができていてショックを受けたなんてことはありませんか?そこで本記事では、シミ対策にまず知っておきたい、シミが出来るメカニズムをご紹介します。原因と対策を覚えて普段のお手入れを見直すきっかけにしてみてくださいね。

1:シミのもと!メラニンができるメカニズム

肌表面に見えるシミは、表皮内で生成されるメラニンが蓄積されることによって出来ています。
ではどのようにしてメラニンは生成されるのでしょうか。

肌は紫外線を浴びると、メラノサイトというメラニンを作り出す細胞に信号が送られ活発的にメラニンを生成し始めます。
メラニンは、肌の色を決定づける色素なので、この量がどれくらい皮膚の中で生成されているかがくすみやシミが出来る大きな要因となっています。
ただし、メラニンが生成されるからと言ってすぐにシミになるかというと実はそうではなく、本来は自分の細胞をダメージから守るために生成されています。また、一度生成されたメラニンは、表皮内のターンオーバーによって内部から徐々に押し上げられ、やがて角質となって剥がれ落ちることで排出されています。

ところが加齢やストレスなどでターンオーバーが乱れていたり、強い紫外線を浴び続けて肌が過剰なダメージを受けることで、メラニンが蓄積されてしまい、これが原因となって肌の表面にシミとして現れます。

メラニンをスムーズに排出してあげるためには、肌のターンオーバーを正常なサイクルに導いてあげるケアを普段から行なうことがシミ対策にとっては有効な手段と言えるのです。

046-2

2:目立つシミを作らないためにできる対策

一度できてしまったシミを完全に消すことはそう簡単ではありません。ですが、まだ薄いシミの状態であればきちんとケアすることで薄くなる可能性があります。そこで何よりも大事なのが肌のターンオーバーを正常化させ、メラニンを外に排出することです。
普段のお手入れとして効果的なのがピーリング石鹸を使った洗顔を定期的に行なうことです。古くなった要らない角質を洗い流して肌を整えてあげることで効率的にメラニンを体外に排出し、肌のハリや透明感を取り戻す手助けをします。

また、シミは紫外線と切っても切れない関係です。
過剰にメラニンを生成させないという意味で有効なのは、常に日焼け止めクリームを塗るなどUV対策を行なうことです。紫外線は夏場だけでなく年中降り注いでいますので、日差しが強い夏はもちろん、春・秋・冬も対策を行なうことが美肌ケアの基本です。

※2017年3月14日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。