スキンケア研究所

日本で初めてケミカルピーリングを紹介し、1999年からピーリング石鹸を販売し続けているサンソリット監修の、ピーリングコラム

石鹸

お肌が本当に喜ぶための「ピーリング石鹸の正しい使い方」

vol.4

ピーリング石鹸を初めて使う方、使っているけれどこの使い方でいいのか不安だという方が多くいらっしゃいます。ピーリング石鹸は、お肌の悩みを解消したい、美しい肌でいたい、と思い、お使いになっている方が多いものです。しかし、正しい使い方をしないと思っていたような実感が得られないこともあります。
そこで、お肌のためにも、ピーリング石鹸の正しい使い方を知り、上手に活用しましょう。

1:ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸の使い方は、基本的には一般の石鹸と同じです。まずはクレンジングでお化粧を落とします。その後、ピーリング石鹸をしっかり泡立てて使用しましょう。この時、泡立てネットを使用すると簡単にもこもこの泡が作れます。

■泡立てネットを使ったピーリング石鹸の泡立て方

foam_1泡立てネットを軽くぬらします。最初から水分量が多いと、泡が水っぽくなり垂れてしまいやすくなるので、足りない場合に徐々に水分を足してあげるようにします。

 foam_2-1-1024x521石鹸を軽くこすりつけます。

foam_3泡立てネットをもみこむような感じで泡を作っていきます。泡立ちが悪い時は、少し水分を足しもみこみます。

 

foam_4石鹸が十分に泡立ったら、ネットから泡を絞り取ります。絞りだすように泡を取ることで、泡の気泡が自然と潰れて、弾力のあるキメ細やかな泡が残ります。

 foam_5これくらいの泡が目安です。この泡を使って洗顔しましょう。

 

洗顔する際に、特に大事なのはごしごしこすらないことです。泡を顔の上に乗せたら、軽く転がすようにして優しく顔全体になじませます。洗顔が終わったら、十分に顔をすすいでください。

ピーリング石鹸を使った洗顔方法はコチラ

スキンピールバー」を使えば十分汚れは落ちますので、二度洗いや他の洗顔料との併用は不要です。また、泡の密度が粗いと、泡がお肌と接触する部分が少なくなり、十分にピーリングすることができません。お肌のすみずみまで泡がいきわたるよう、できる限りきめ細かい泡で洗顔するようにしましょう。「スキンピールバー」は、簡単にきめ細かい泡が作れるのが特長です。できた泡は、1日放置してもそのままの形を維持するほどしっかりしています。この泡を使えばお肌に負担をかけずに優しく洗顔できます。ピーリング石鹸で作った泡は顔の泡パックにも使用できますので、ぜひお試しください。

2:ピーリング石鹸の正しい保管方法

未開封のピーリング石鹸の保管場所は、各メーカーによって異なります。基本的には高温多湿を避け、直射日光のあたらない場所に保管するものが多いですが、冷蔵庫での保管が必要なものもあります。石鹸が入っているパッケージや容器などに書いてある注意書きを、購入時に確認しておくようにしましょう。

スキンピールバー」を保管する場合は、高温多湿や直射日光のあたる場所は避けてください。直射日光や蛍光灯の下に長時間放置しておくと稀に色が変わることがあります。万が一、色が変わっても品質への影響はありませんので安心してお使いいただけます。

ピーリング石鹸は溶けやすいものが多いので、浴室など湿気の多い場所に放置しないようにしましょう。「スキンピールバー」は使い終わったら必ず、洗面台の上など、風通しがよく高温多湿でない場所に置いておいてください。石鹸に残った水分や少しの湿気でも石鹸が溶けやすくなる原因となりますので、使った後は、しっかり乾燥させるとよいでしょう。

また、「スキンピールバー」は、大きすぎてそのままでは使いにくいという方もいらっしゃいます。その場合、石鹸をお好みのサイズにカットしていただくと使いやすいです。カットして残った石鹸はパッケージのフィルムにくるんで保管しておきましょう。

いかがでしたか?

ピーリング石鹸は、正しい使い方を知ったうえでお使いいただくと、お肌の変化が表れやすくなります。また、正しく保管をすれば、石鹸が長持ちし、コストパフォーマンスも良くなります。あなたのお肌のためにも、ピーリング石鹸の正しい使い方をしっかり覚えて、上手に活用してください。

 

<スキンピールバーを初めてご使用いただく方へ>

img_spb_mini4

※2017年12月20日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。