ドクター's Voice

メディカルスキンケアを実際に取り入れているドクターの方々へのインタビュー記事をお届けしています

医療法人以和貴会 西崎病院 

近藤 和代 先生






名嘉 圭代 先生

大切にしているのは「患者様一人ひとりに最善を尽くすこと」

皮膚科以外にも、内科やリハビリテーション科などの診療科目を扱う西崎病院が美容に取り組むようになったのは、平成15年からです。沖縄のこのエリア(糸満市)には無かった、美容やリラクゼーションを中心とする施設があっても良いのではと思ったのがきっかけです。

当院が特に大切にしていることは、患者様一人ひとりに最善を尽くすことです。
例えば、色が白くなったけれど輝きがないのは何故か・・・など、トータル的な美しさを重要視しています。そのためには、内科的・婦人科的・精神的な面など、体の内側からの診察もしていかなければならないので、日々の勉強は怠れません。手探りで良いものを取り入れているうちに、オーダーメイドのメニューをお勧めできるような体制になってきました。

また、全ての患者様に対して適切な対応ができるように、医師とスタッフ間の情報共有も大切にしています。信頼できるスタッフが患者様に対応し、それを医師にフィードバックしています。患者様にリピートしていただいているのも、適切な対応、トラブルへのフォロー体制や、院内のアットホームな雰囲気によるものだと思っています。

ビューティフルエイジング(美しく年を重ねる)を目指して

紫外線が強い沖縄ならではの特性として、内地(本州)の方の肌と比べて色が黒く、皮膚が厚く、ゴワゴワ感が目立つ方が多いことがあげられます。30代まではニキビ、40代以降はシミ・しわの悩みが多い傾向がそれぞれ見られますね。

当院では、アンチエイジング(歳を取るのを止める)ではなく、ビューティフルエイジング(美しく歳を重ねましょう)を目指しています。沖縄の女性はとっても元気でチャーミングです。以前、曾孫の結婚式のために綺麗になりたいという86歳の女性がシミ治療をおこない、実際に綺麗になったことを本当に喜んでくださいました。美容医療をおこなっていて嬉しいのは、効果を実感された時や美しくなれると希望が出てきた時の顔を見ることです。そういう時は、満足度が顔に書いてありますからね。

皆さん綺麗になると理想が高くなって、「もっと効くものは他にないの?」と聞いてきますが、「真面目な人だけが綺麗になれるのですよ」と答えています。通院だけではなく、ホームケアもあわせて患者様ご自身で努力しなければ美しくはなれませんから。

vol5_photo05当院では、スタッフが患者様一人ひとりの悩みをきちんと伺い、アドバイスしながらオリジナル化粧品をご案内しています。サンソリットの商品も、実際に全員で使用して納得したものを取り入れています。アミノEMやVC-IP7ジェルクリームは、目の周りなどにハリ感やふっくら感が出て若返り効果があり、患者様にも人気があります。

信頼関係を気付いていくことを大切に思っています

vol5_photo10当院では、カウンセリング時に患者様の予算や希望、不安感についてしっかり話し合い、一番適した治療法や満足できる方法を選んでいただけるよう心掛けています。適切な価格を設定することや一人ひとりに心をもって対応し、一つ一つに結果を出すことで患者様と信頼関係を築いていくことをとても大切に思っています。

スタッフ全員がスペシャリスト

vol5_photo11ヘアーメイクやメディカルアロマテラピー、医学脱毛、分子整合栄養医学などスタッフそれぞれが専門の知識及び技術を持っているのも当院の特徴です。トリートメントコースの他、ケミカルピーリングやイオン・超音波導入、エレクトロポレーションなどメディカルな施術にも患者様に適したアロマを組み合わせて提供しています。
従来の外面の改善だけではなく、内面の改善も兼ねたトータル的な美容をサポートできればと思っています。

患者様の笑顔のために ~あなたの幸せが私の幸せです~

この仕事をしていて、「ありがとう」と言われることに日々嬉しさを感じています。患者様へ心のこもった医療サービス、そして満足と安心を提供することをもっとも大切な使命だと心得ています。