ピーリング研究所

日本で初めてケミカルピーリングを紹介し、1999年からピーリング石鹸を販売し続けているサンソリット監修の、ピーリングコラム

美白

生活習慣の改善でシミは薄くなる?
正しいシミのお手入れ方法

vol.11

いつの間にか出来ていたシミってありますよね。小さなシミや薄っすらと現れたシミに気付いていながら、それをそのまま見て見ぬふりをしていたり、勝手にもう手遅れだと思っていたりしませんか?
そのシミ、放置してしまうと濃くなったり増えたりしてしまうんです。
でも大丈夫!普段の生活習慣を見直すだけの簡単で大切なシミ対策をご紹介します。

1:見直してみて!日常生活でできる紫外線対策

シミは肌の中でメラニンが活発に生成され、それが体外に排出されずに蓄積されて色素沈着を起こすことで出来ます。また、シミはメラニンが生成される量にも関係しており、その大きな原因の一つとして挙げられるのが「紫外線の浴びすぎ」です。つまり、シミ予防対策として絶対に忘れてはいけないのが日常生活の中での紫外線対策です。

紫外線対策には、以下のようなことを意識して取り入れてみましょう。

・日焼け止めクリームなどのUVケア製品を使用する
外出時のみならず室内にいるときも油断はできません。車などの乗り物の中でも窓ガラスから紫外線は入り込んでいます。

・帽子や日傘、サングラス、UVカットができる洋服を身につける
外にいる時間が長い時は日焼け止めクリームなどのUVケア製品を使用することに加え、このようなものを身に付けて紫外線が肌に直射当たらないよう気を配ることも有効です。

・ビタミンCなどの抗酸化成分を摂取する
紫外線を浴びた身体の中は、酸化傾向にあり、トラブルを促進させる原因になります。そのため、抗酸化成分として有効なビタミンCが含まれた食べ物やサプリメントなどを補給して、身体の中からもケアしていきましょう。

047-2

一見、紫外線は夏だけに降り注ぐものだと思いがちですが、実は季節を問いません。さらには、天気がいい日だけでなく、曇りの日でも降り注いでいるのが紫外線です。夏が終わったからといってこれらのケアを怠ってはいけません。紫外線対策は通年行なうのがベストです。

2:目立つシミにさせないために!取り入れたいスキンケア方法

薄いシミや小さなシミを目立つシミにしないためには、蓄積されたメラニンを排出してあげることが大切です。
これには、肌の新陳代謝であるターンオーバーが密接に関係しています。
加齢やストレス、紫外線を浴びるなどの様々な原因でターンオーバーが遅れると、肌表面には要らない角質がはがれ落ちずに溜まり、メラニンの排出が遅れることになります。すると結果的にシミがどんどん濃くなり増えていくことに繋がります。
シミの予防対策にはまず、角質ケアで肌のターンオーバーを整えてあげることが第一歩です。
そこで是非取り入れて欲しいのは、普段のスキンケアにピーリング石鹸を使って洗顔を行なうことです。洗顔により、肌表面に溜まった古い角質を落とし肌を整えます。ターンオーバーは正常なサイクルを取り戻し、シミの原因となるメラニンを排出させることにも繋がります。

外出時はもちろん、室内にいても避けられないのが紫外線です。だからこそ、特別な時だけのケアではなく、普段のスキンケアを見直すこともシミ対策にとっては大切なことなのです。

3:シミを徹底ケアするなら!身体の中からも対策を

シミ予防には体の中からのケアも大切です。
特に取り入れたいのは、シミの原因になるメラニンの過剰生成を抑制する効果のある成分「ビタミンC」です。
ビタミンCが多く含まれる食品の代表的なものは、グレープフルーツ・オレンジ・レモン・ライムなどの柑橘系や赤ピーマン・パセリ・芽キャベツ・ピーマン・モロヘイヤ・ブロッコリーなどの野菜です。
これらを普段の食事に積極的に取り入れ、肌の内側と外側の両方からしっかりケアすることでより効果的にシミ対策を行い、白くて美しい肌を手に入れたいですね。

※2017年3月14日時点の情報となります。このページに掲載されている情報が最新のものではなくなっている場合がございます。予告なく内容変更をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。